光冷暖メーカーとのコラボで誕生した古民家のモデル住宅です。オーダーメイドのシステムキッチン、曲がった栗の木の柱、古ガラスの入った建具、手製の長テーブルなど一点一点をこだわりの職人がつくりました。一度ご覧いただきたい展示場です。
古民家ブランドの家
外観 竣工前、一人前いくらですかと訊ねられた。「お店ではありません」 灯りがいい感じですね。
外観  鏝絵(こてえ)の日本の第一人者山倉筑山さんの作です。ポーチに付いている顕魚は北前船の船主さんの所にあったものです。

土蔵風の割れた壁がワイルド。ウダツも上っています !

↑ このページのトップ ↑

間接照明は、古い欄間を活用して造りました。優しくお客様をお迎えします。

この広さでも光冷暖で実に快適。風が全くないのでほこりも立たず不思議な感覚です。

↑ このページのトップ ↑

長テーブルを高良山杉の古木で併せて造りました
曲がった栗の柱がいい感じです

↑ このページのトップ ↑

どっしりとした安心感の大黒柱と十文字に組んだケヤキの大梁。
フルオーダーで造ったキッチン、ガラスのタイルと絶妙なマッチング

↑ このページのトップ ↑

琉球ガラスの手洗い。気泡がいい感じです
洗面はイタリア製。シンプルでシャープに

↑ このページのトップ ↑

漆で仕上げた色気のある室内この妖艶さは漆ならでは ・・・。いかがですか?
中央を走る長さ8メートルのケヤキの大梁 登り梁は栗
イベントなどにも重宝するワンルームの大空間

この低さが妙に落ち着きます

↑ このページのトップ ↑

重宝するワンルームの大空間 。光冷暖パネルとのマッチングも絶妙です。
アンティークガラスを通して入ってくる光が柔らかくて「心地 いい」

↑ このページのトップ ↑

石の手洗い
うまく使えば骨太な古民家に柔らかみを与える組子細工
年代別にアンティークガラスを使い分けるのが楽しい 大工の腕の見せ処。ひょうたんとアールデコ風に彫刻された飾り柱。

窓のところは、結晶ガラスやダイヤ、モール。古いガラスを通して入ってくる光の変化に昔の人の感性が蘇る。

鬼ダイヤとアンティークガラスを通して入ってくる光が優しい

↑ このページのトップ ↑

土の迫力が伝わってきます。 置屋根は、外壁を保護するためのデザイン
準防火地域に対応の木製サッシが優しい。
街の景色の一端を担う。
江戸時代末期の蔵を移築した光冷暖の展示場です
商店街に面しているので、自然石と緑で街並みに貢献。

人の前を照らせば自分の前が明るくなる。この通りで3軒ある光冷暖の展示場で、雰囲気がずいぶん変わりました。地域に貢献したいというFオーナーの心意気が伝わってきます。

↑ このページのトップ ↑

お問い合わせ mail info@kominka-y.com
日本民家再生協会・登録業者 古民家蘇生工房
〒803-0186 北九州市小倉南区新道寺106-1 TEL.093-452-3526 FAX.093-452-3527
Copyright (C)2014 Kominka-soseikoubou.co., All Rights Reserved.