山口県に居を構えるオーナーは、住み慣れた祖父が建てた思い出の家を再生することが夢でした。それは、今ここに実現したようです。一番右の棟は、福井県美山町から蔵を移築再生しギャラリーに、左部分の祖父の家は、お茶会のできる施設にしました。お住まいは、中央部分に新築し、明治時代に建てられた、両サイドの棟とマッチするように古民家風に仕上げました。内装も大胆な吹き抜けや、大きな梁を天井に施しています。四季を楽しむお庭が、日々の潤いにアクセントを加えています。

大切な祖父の思い出!・古民家再生の家
外観 移築(右棟)、復元(左側)、古材を使った新築(中央)と3パターンを組み合わせたファサード
外観(昼)古レンガを敷き詰めた車庫 (建物は福井県美山町より移築したもの)

↑ このページのトップ ↑

草花を眺めながら、やがて門へ。

移築再生される前「蔵」の模様

門からアプローチ、今日は楽しかったなぁ!

ムクリ屋根で優しく迎える門です。
いらっしゃいませ!どうぞ。

茶室の下地窓を金属で現代風にアレンジ。

どうぞ、
おはいりください

↑ このページのトップ ↑

庭園(南側)優しく迎えてくれる紅葉。
春夏秋冬、違った表情を見せる優しい風景
焼ムラのあるふぞろいのアンティークレンガが、古民家には妙にマッチ
再利用した縁石
雑木の中の待合い処。

↑ このページのトップ ↑

時間までもう少し、庭を眺めて楽しもう!
工事途中に追加で入れたケヤキの大梁これで引き締まった表情になった
山口県内で譲ってもらったケヤキの大戸。由緒のある建具とききました。一段と風格が漂います
この幅の蔵戸は貴重品です。

↑ このページのトップ ↑

天井の十文字の梁はケヤキの古材
石州の敷瓦がいい感じです
置かない、シンプルに、飾らない、
置くなら本物一品だけ!いいものは映えます。

↑ このページのトップ ↑

「古材」と「漆喰」はやはり「美」と「機能」の組み合わせです。
古材と漆喰はやはり美と機能の組み合わせです。解体した時の石材を再利用した座敷前の庭園。
大切な祖父の思い出!・古民家再生の家は、二部構成になっています。ここにクイックしてください。

↑ このページのトップ ↑

お問い合わせ mail info@kominka-y.com
日本民家再生協会・登録業者 古民家蘇生工房
〒803-0186 北九州市小倉南区新道寺106-1 TEL.093-452-3526 FAX.093-452-3527
Copyright (C)2014 Kominka-soseikoubou.co., All Rights Reserved.