私は仕事柄、日本中それもかなりの山奥まで出かける。

その中で、思わず立ち止まり、ずっと眺めたくなるような

美しい風景に出会うことがよくある。

具体的には、色合いや軒の高さが統一されていたり、

調和のとれた庭の古木、苔むした石積み、

何げなく玄関先に置かれた石臼の中の山野草……

そこに共通して見出されるのは、古びて美しくなる本物の素材だけで構成されている事や、

目に見える景色さえも共有しようとする共生の思想、

いたわりの民族性、美しい心根を感じる。
 

いつの頃からか、日本の街並みは色の多さに比例し、

落ち着きをなくしてしまったように感じるのは私だけだろうか……。

これからの家造りは、町並みの景色の一部を担うという一点を忘れてはいけない……

私はそう思う。

思わず立ち止まる美しい家。主張しすぎてはいないが、

凛とした存在感のある佇まい。

私が特にこだわっているひとつだ。

環境への配慮はもちろんの事、古材や杉の赤身材の魅力に賛同して頂けるこだわりを持った

お客様と共にオンリーワンの

住み継ぐ時代の家造りを目指したい。

↑ このページのトップ ↑

お問い合わせ mail info@kominka-y.com
日本民家再生協会・登録業者 古民家蘇生工房
〒803-0186 北九州市小倉南区新道寺106-1 TEL.093-452-3526 FAX.093-452-3527
Copyright (C)2014 Kominka-soseikoubou.co., All Rights Reserved.