ケヤキの大梁と薪ストーブのある家

子供の頃、過ごした思い出の土地に明治期の茅葺き民家の部材を再活用して、雑木で彩られた敷地でゆったり暮らす。この家は、この町によく似合う家なのです。

古いデッキと大広間のある切妻屋根のあるシンプルな外観

スッキリとした蔵戸に枕木とドイツ製のポストを組み合わせました。

古いデッキと大広間のある切妻屋根のあるシンプルな外観

手の込んだ、正面の飾り棚と壁の塗装。曲がった梁が印象に残る玄関です。照明は京都の旅館にあったアンティーク物です。

昼間は堂々と夜は静寂を存在感がある外観になりました。

レトロガラスと古材の腰板で少し低めの天井にして、丸テーブルで落ち着けるダイニングにしました。床材は、松の磨き板。

格子の障子と天井上にある窓が美しい。大きな梁は、樹齢150年くらいのもの。

格子の障子と天井上にある窓が美しい。大きな梁は、樹齢150年くらいのもの。

薪ストーブが、この広い家を一台で賄える熱量をほこります。曲がった梁がいい表情をしています

天井を走る大梁のケヤキは江戸時代のもの

関連記事

  1. 家の中を風が通る自然と一体化する家

  2. 大きなウダツがポイントのしだれ桜のある家

  3. なぜか冬が待ち遠しい薪ストーブの家

私たちの取り組み