おじいちゃんが建てた家が蘇った小月の家

築50年の普通の民家を劇的にリノベーションし、快適に住む。

リビングから繋がったオープンデッキがある家。大きな窓を開けて、自然と一体感を感じさせます。

夜の外観

玄関を入ると正面にあるおしゃれな一輪挿しは、旧家の古材で造りました

高く開放感のある吹き抜けのリビング。厚みのある床材と薪ストーブで、お友達に人気です。

大きな窓越しに見える庭が美しく映えます。

スッキリとした窓の格子が洗練された外観をイメージさせます。車庫まで一体化して造った深い軒のある正面。

お花の先生をしていらっしゃる施主様のイメージに合うよう細格子の品の良い蔵戸。

関連記事

  1. アールデコの洋館ストーリー

  2. 田原の家ストーリー

  3. 阿蘇の再生民家 ウダツのある家

私たちの取り組み