150年前の古民家ストーリー

築150年の古民家の太い梁と杉の赤身材の梁が絶妙なダイナミズムを生み出している。壁は泥壁藁すさ入り漆喰を使用。天井まで続く大空間は、この棲処の醍醐味といえる。

木の色の変化で自然な木の木目が美しいリビングになりました。

高い天井は、この家に住む人に余裕と潤いをもたらします。

関連記事

  1. 田原の家ストーリー

  2. おじいちゃんが建てた家が蘇った小月の家

  3. ケヤキの大梁と薪ストーブのある家

私たちの取り組み