篠崎の家ストーリー

懐かしい日本家屋を現代風のモダンな住宅に、いろいろな所に色や艶を施しました。

長さ8mの古材の梁が、空間を引き締めています。

低く押さえたスス竹の天井。

縁側にも薄紫を施しました。自然の木の素材感とマッチしました。

イタリアンカラーの家具と絶妙なマッチング。

濡れたテラスが、美しく光っていました。ふと時間も忘れて、眺めていたい光景です。

関連記事

  1. 大桜のある家

  2. なぜか冬が待ち遠しい薪ストーブの家

  3. アールデコの洋館ストーリー

私たちの取り組み