小倉南の家ストーリー

石畳のスロープを上り詰め、格子戸を開けると其処は異空間が拡がります。

四角の大黒柱がこの家の中央で美しく支えています。

木漏れ日が漏れる格子のある障子が部屋を明るくそして清潔感のある空間にしています。

関連記事

  1. 海沿いの民家ストーリー

  2. 置屋根造りの蔵の家ストーリー

  3. なぜか冬が待ち遠しい薪ストーブの家

私たちの取り組み