なぜか冬が待ち遠しい薪ストーブの家

薪ストーブの前で、ほどよい暖かみのある部屋で、幼少期の想い出を友と語らう。そんな夜長を楽しみに・・・今日も薪をくべる。

関連記事

  1. 150年前の古民家ストーリー

  2. ひびきのの家ストーリー

  3. 大きなウダツがポイントのしだれ桜のある家

私たちの取り組み