劇的リノベーションの家

瀟洒な控えめな家が、オーナーのセンスと古民家を融合させた住まいになりました。ご自宅とオフィスをかねた住まいは劇的リノベーションで大切なお客様を迎えるにふさわしい佇まいです。この家にはオーナーのこだわりがたくさん詰まっています。

玄関アプローチは、奥まった敷地を活かし京都の路地風に仕立てました。

エントランスにつながるアプローチには、足下を照らすおしゃれな照明が…

お客様を迎える玄関にオーナー自ら京都で仕入れた暖簾で演出しました。

プライベートとビジネスを分ける大きめのポーチ。アイアンで造った一輪挿しがオーナーのセンスの良さを物語っています。

ビジネスゾーン お客様を迎え入れるゾーンは船の建具でマリンワールド風に仕立てました。

コンサルタントをされているオーナーが大切なゲストをお迎えるためのスペース。落ち着いた色調と薪ストーブの姿がベストマッチングです。

低い天井を取払いケヤキの大黒柱や新設の梁で補強しながら天井を高くとり室内を広く感じるように工夫しています。

コーナーに置いた椅子と古いアンティークステンドが、オーナーのセンスを感じます。

工事中たまたまクローズするアンティークショップで手に入れたアンティークステンドのドアを引き戸に造り直しセッティングしました。

非常に便利のいい都心にありながら、一歩踏み入れると別世界のような落ち着いた空間が広がっています。

落ち着いた色調のトイレ

関連記事

  1. 祖父の建てた家をリボーンした 古民家の家

  2. 豊前の家ストーリー

  3. ケヤキの大梁と薪ストーブのある家

私たちの取り組み